黒いTOY

#296: 仮面ライダーBLACK (装着変身)

装着変身 仮面ライダーBLACK 2006 BANDAI

現在はS.H.Figuartsにその座を譲ったものの、平成仮面ライダーの初代・クウガの放映が開始された2000年からキバまでの足掛け8年間に渡りバンダイの「フル可動仮面ライダー玩具」を牽引し「超合金」ブランドまで冠していたのが「装着変身」だ。シリーズ途中からは昭和の先輩ライダーやメタルヒーロー達も装着変身化が行われ、最終的な数は150体以上にものぼる大所帯となった。2004年以降は毎年のように素体のマイナーチェンジが行われるなど開発側の意気込みも相当なものだっただけに、シリーズ終了の理由が社内事業部の再編成(2008)というのは残念でならない。その際に誕生した新ブランド「S.H.Figuarts」が結果的に現在のバンダイを牽引する主力商品となっているが、いわゆる「装着変身ロス」を悲しむコアなファン達は暫くのあいだ装着変身の素体を利用して未発売に終わったキャラクターを自作し続けるほどに根強い人気を誇ったシリーズだったのだ。

 

error: Content is protected !!