黒いTOY

206 ブロッカー1、2、3 (ガッツブロッカー) | TAKARA (1980)

ブロッカー1、2、3 ダイアクロン ガッツブロッカー TAKARA 1980

タカラ社(現タカラトミー)が1980年から84年までに展開していた「ダイアクロン」は変形ロボットや基地に3cm弱の隊員人形を組み合わせて遊ぶ男児向け玩具シリーズ。写真のガッツブロッカーはシリーズ初期のSF色が強かった頃の製品で、14機からなる戦闘機を合体させて巨大ロボットにすることができる。後期シリーズ「カーロボット」は後のトランスフォーマーにそのまま流用されたことでも有名。