No.251~300

300 オーメダル / BANDAI(2010)

「仮面ライダーオーズ」(2010)で使用された物語のキーとなるアイテム。動物をモチーフとした彫刻が刻まれたメダルの内部に音声チップが埋め込まれており、別売りの変身ベルトと連動させることで劇中同様の様々なサウンドを楽しむ事

300 オーメダル / BANDAI(2010)

「仮面ライダーオーズ」(2010)で使用された物語のキーとなるアイテム。動物をモチーフとした彫刻が刻まれたメダルの内部に音声チップが埋め込まれており、別売りの変身ベルトと連動させることで劇中同様の様々なサウンドを楽しむ事

299 ガーガメス / Gargamel(2011)

海外アーティストとのコラボレーションやコミコンへの参加などワールドワイドな活動が目覚ましいアート集団ガーガメル。写真のフィギュアはカーガメルがイベント事に出展する際にだけ販売される(※後に通販や一部の店舗でも入手可能にな

299 ガーガメス / Gargamel(2011)

海外アーティストとのコラボレーションやコミコンへの参加などワールドワイドな活動が目覚ましいアート集団ガーガメル。写真のフィギュアはカーガメルがイベント事に出展する際にだけ販売される(※後に通販や一部の店舗でも入手可能にな

298 屈 KAMARI / CORD VIPER(2011)

いわゆる「オリジナルソフビ」に分類されるTOYをリリースするメーカーとしては後発にあたる2010年にデビューしたCORD VIPERの作品。 IRON BABYLONと称されたシリーズには写真のKAMARI(カマリ)の他

298 屈 KAMARI / CORD VIPER(2011)

いわゆる「オリジナルソフビ」に分類されるTOYをリリースするメーカーとしては後発にあたる2010年にデビューしたCORD VIPERの作品。 IRON BABYLONと称されたシリーズには写真のKAMARI(カマリ)の他

297 LEGO Ninja / LEGO(2011)

レゴのミニフィグを単品で販売するという今までありそうで無かった商品「レゴ ミニフィギュア」シリーズからの一体。ガシャポン形式のブラインド販売とはいえ、お手ごろ価格でフィギュアだけを手に入れる事ができるのはレゴファンならず

297 LEGO Ninja / LEGO(2011)

レゴのミニフィグを単品で販売するという今までありそうで無かった商品「レゴ ミニフィギュア」シリーズからの一体。ガシャポン形式のブラインド販売とはいえ、お手ごろ価格でフィギュアだけを手に入れる事ができるのはレゴファンならず

296 仮面ライダーブラック(装着変身) / BANDAI(2006)

現在はS.H.Figuartsにその座を譲ったものの、平成の初代ライダー・クウガの放映開始からキバまでの足掛け8年間に渡りバンダイの「フル可動仮面ライダー玩具」(しかも超合金ブランド)を牽引していたアイテムが「装着変身」

296 仮面ライダーブラック(装着変身) / BANDAI(2006)

現在はS.H.Figuartsにその座を譲ったものの、平成の初代ライダー・クウガの放映開始からキバまでの足掛け8年間に渡りバンダイの「フル可動仮面ライダー玩具」(しかも超合金ブランド)を牽引していたアイテムが「装着変身」

295 ジジ&ぬいぐるみジジ / べネリック(2010)

ジブリ映画「魔女の宅急便」(1989)に登場する黒猫のジジと、劇中でジジが身代わりを余儀なくされたぬいぐるみの黒猫のソフビ製指人形。犬のジェファーソンや口数少ないパン屋の親父など、キャラのチョイスにセンスの良さを感じるシ

295 ジジ&ぬいぐるみジジ / べネリック(2010)

ジブリ映画「魔女の宅急便」(1989)に登場する黒猫のジジと、劇中でジジが身代わりを余儀なくされたぬいぐるみの黒猫のソフビ製指人形。犬のジェファーソンや口数少ないパン屋の親父など、キャラのチョイスにセンスの良さを感じるシ

294 ラヴィッジ / タカラトミー(2009)

劇場版トランスフォーマーの2作目「リベンジ」(2009)に登場したジャガー型のディセプティコン。衛星軌道上のサウンドウェーブから射出され、大気圏突入モード(※写真左)で地球へ落下しNESTの本部を強襲。あまり活躍の場が無

294 ラヴィッジ / タカラトミー(2009)

劇場版トランスフォーマーの2作目「リベンジ」(2009)に登場したジャガー型のディセプティコン。衛星軌道上のサウンドウェーブから射出され、大気圏突入モード(※写真左)で地球へ落下しNESTの本部を強襲。あまり活躍の場が無

293 ジャガー(変形!ヘンケイ!) / タカラトミー(2009)

No.292のG1版ジャガーが「変形!ヘンケイ!」版でリメイク復活。ジープ型のオフロードカーに変形するサイバトロン戦士ハウンド(偵察員ハウンド)の付属品という形でリリースされた。 ジャガー時のボディの厚みがG1版ジャガー

293 ジャガー(変形!ヘンケイ!) / タカラトミー(2009)

No.292のG1版ジャガーが「変形!ヘンケイ!」版でリメイク復活。ジープ型のオフロードカーに変形するサイバトロン戦士ハウンド(偵察員ハウンド)の付属品という形でリリースされた。 ジャガー時のボディの厚みがG1版ジャガー

292 ジャガー(G1) / タカラトミー(2009)

カセットテープからジャガーへと変形するデストロン軍団のカセットロン。「諜報破壊兵」の名のとおり、劇中ではスパイ活動などでその力を発揮した。 商品の元ネタはミクロマン(ニューミクロマン)の「ミクロカセットロボ ジャガー」。

292 ジャガー(G1) / タカラトミー(2009)

カセットテープからジャガーへと変形するデストロン軍団のカセットロン。「諜報破壊兵」の名のとおり、劇中ではスパイ活動などでその力を発揮した。 商品の元ネタはミクロマン(ニューミクロマン)の「ミクロカセットロボ ジャガー」。

291 サウンドウェーブ ブラスターブラック / タカラトミー(2007)

トランスフォーマーの新たなブランドとして2007年に登場した「ミュージックレーベル」は、音楽機器として実際に使用(実用)可能な機能を搭載し、尚且つ変形も可能という新たな商品シリーズ。ミュージックプレーヤーのサウンドウェー

291 サウンドウェーブ ブラスターブラック / タカラトミー(2007)

トランスフォーマーの新たなブランドとして2007年に登場した「ミュージックレーベル」は、音楽機器として実際に使用(実用)可能な機能を搭載し、尚且つ変形も可能という新たな商品シリーズ。ミュージックプレーヤーのサウンドウェー

290 ダーククレセント / BANDAI(2011)

2011年からリリースが始まった「バトルブレイク」は主に小中学生をターゲットにしたテーブルミニチュアゲーム。雑誌Vジャンプの特集記事を中心に、コミックの連載やイベントへの出展、公式大会の開催と、バンダイが力を入れて開拓し

290 ダーククレセント / BANDAI(2011)

2011年からリリースが始まった「バトルブレイク」は主に小中学生をターゲットにしたテーブルミニチュアゲーム。雑誌Vジャンプの特集記事を中心に、コミックの連載やイベントへの出展、公式大会の開催と、バンダイが力を入れて開拓し

289 デネブイマジン(S.I.C.) / BANDAI(2008)

ゼロノスとの2パックで発売されたS.I.C.版のデネブ。 劇中のスーツではあまり伝わってこなかった「武蔵坊弁慶」と「烏天狗」のモチーフがS.I.C.版では良い方向に強調され、元のデザインをアレンジしつつユーザーにも好評(

289 デネブイマジン(S.I.C.) / BANDAI(2008)

ゼロノスとの2パックで発売されたS.I.C.版のデネブ。 劇中のスーツではあまり伝わってこなかった「武蔵坊弁慶」と「烏天狗」のモチーフがS.I.C.版では良い方向に強調され、元のデザインをアレンジしつつユーザーにも好評(

288 ブラック龍神丸&ブラック戦神丸 / TAKARA(1988)

「魔神英雄伝ワタル」放映当時に発売されたプラモデルの限定版。内容は黒成型の龍神丸と戦神丸にアニメ本編にも登場した戦神丸のテレホンカード(実際に使用可能)という構成。 ブラックバージョンの2体に目を奪われがちだが、プロップ

288 ブラック龍神丸&ブラック戦神丸 / TAKARA(1988)

「魔神英雄伝ワタル」放映当時に発売されたプラモデルの限定版。内容は黒成型の龍神丸と戦神丸にアニメ本編にも登場した戦神丸のテレホンカード(実際に使用可能)という構成。 ブラックバージョンの2体に目を奪われがちだが、プロップ

287 REDKING / less than human(2006)

ジャンルの壁を越えたコラボレーションに意欲的な眼鏡ブランド・less than human(レス ザン ヒューマン)が円谷プロをモチーフとした眼鏡を発売した際に付属していたのが写真のソフビ人形。マットブラック成型の「ウル

287 REDKING / less than human(2006)

ジャンルの壁を越えたコラボレーションに意欲的な眼鏡ブランド・less than human(レス ザン ヒューマン)が円谷プロをモチーフとした眼鏡を発売した際に付属していたのが写真のソフビ人形。マットブラック成型の「ウル

286 DXトライドベンダー / BANDAI(2010)

「仮面ライダーオーズ」(2010)に登場した「ライドベンダー」は謎の財団・鴻上ファウンデーションが開発した特殊バイク。普段は自動販売機を模した状態で街のあらゆる所に配備されており、非常時にバイクへ変形し主人公らの移動手段

286 DXトライドベンダー / BANDAI(2010)

「仮面ライダーオーズ」(2010)に登場した「ライドベンダー」は謎の財団・鴻上ファウンデーションが開発した特殊バイク。普段は自動販売機を模した状態で街のあらゆる所に配備されており、非常時にバイクへ変形し主人公らの移動手段

285 USエージェント / Hasbro(2011)

映画「キャプテンアメリカ」(2011)に合わせて発売されたフィギュアシリーズからの1体。サイズは3.75インチ。いわゆるMU(マーヴルユニバース)シリーズと同じ大きさなのでそれらのキャラクターと絡ませることで遊びの幅が大

285 USエージェント / Hasbro(2011)

映画「キャプテンアメリカ」(2011)に合わせて発売されたフィギュアシリーズからの1体。サイズは3.75インチ。いわゆるMU(マーヴルユニバース)シリーズと同じ大きさなのでそれらのキャラクターと絡ませることで遊びの幅が大

284 次元大介(ベンタブルキーホルダー) / BANPRESTO(1998)

アミューズメント用景品として数多くの商品がリリースされている「ルパン三世」からの一体。 PVC製のボディの中に針金が通しており、文字通りベンダブル(曲げることができるの意)遊びが楽しめるという昭和世代には懐かしい仕様のフ

284 次元大介(ベンタブルキーホルダー) / BANPRESTO(1998)

アミューズメント用景品として数多くの商品がリリースされている「ルパン三世」からの一体。 PVC製のボディの中に針金が通しており、文字通りベンダブル(曲げることができるの意)遊びが楽しめるという昭和世代には懐かしい仕様のフ

283 ブラック ウォーグレイモン / BANDAI(2011)

アニメ「デジタルモンスター」(通称デジモン)に登場するキャラクター。 ”ウィルス種”と呼ばれるいわゆる悪役のデジモンながら、卑怯な作戦を嫌い正々堂々と対決に臨む性格やそのヒロイックなデザインが人気を集め、D-Arts(※

283 ブラック ウォーグレイモン / BANDAI(2011)

アニメ「デジタルモンスター」(通称デジモン)に登場するキャラクター。 ”ウィルス種”と呼ばれるいわゆる悪役のデジモンながら、卑怯な作戦を嫌い正々堂々と対決に臨む性格やそのヒロイックなデザインが人気を集め、D-Arts(※

282 LIGHT CYCLE / Spin Master(2010)

オリジナルの「トロン」から実に28年の歳月を経て続編が公開された「トロン:レガシー」からのダイキャスト製ミニカー。トミカやホットウィールと並べると丁度いいサイズで、写真のライトサイクルの他にも映画に登場したほぼ全てのビー

282 LIGHT CYCLE / Spin Master(2010)

オリジナルの「トロン」から実に28年の歳月を経て続編が公開された「トロン:レガシー」からのダイキャスト製ミニカー。トミカやホットウィールと並べると丁度いいサイズで、写真のライトサイクルの他にも映画に登場したほぼ全てのビー

281 HG GR-2 / BANDAI(1998)

1998年に発売されたガシャポンの1体。「東映ロボット列伝」と題して「大鉄人17」と「ジャイアントロボ」の中から選出された計6体のフィギュアで構成されていた。

281 HG GR-2 / BANDAI(1998)

1998年に発売されたガシャポンの1体。「東映ロボット列伝」と題して「大鉄人17」と「ジャイアントロボ」の中から選出された計6体のフィギュアで構成されていた。

280 サタンビゾー / BANDAI(1999)

映画「ティガ・ダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」(1999)に合わせて発売された同映画に登場する平成ウルトラマン4体と宇宙人がセットになった商品。普段は直立不動で造型されているウルトラ戦士達にポーズが付

280 サタンビゾー / BANDAI(1999)

映画「ティガ・ダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」(1999)に合わせて発売された同映画に登場する平成ウルトラマン4体と宇宙人がセットになった商品。普段は直立不動で造型されているウルトラ戦士達にポーズが付

279 アイアンハイド(EZコレクション) / タカラトミー(2009)

小サイズでコレクション性に富んだ「EZコレクション」シリーズからの一体。ブラインドボックス形式の販売方法ながらラインナップは全て実写版に登場したキャラクターで構成されているので、映画からトランスフォーマーに興味をもった初

279 アイアンハイド(EZコレクション) / タカラトミー(2009)

小サイズでコレクション性に富んだ「EZコレクション」シリーズからの一体。ブラインドボックス形式の販売方法ながらラインナップは全て実写版に登場したキャラクターで構成されているので、映画からトランスフォーマーに興味をもった初

278 アイアンハイド(RPMs) / Hasbro Toys(2010)

劇場版2作目「リベンジ」公開時に発売されたミニカーサイズの非変形トランスフォーマー。 ダイキャスト製のボディとコロ走行が可能なプラスチックタイヤという仕様はまさにミニカーのソレであり、ホットウィールやマッチボックスのファ

278 アイアンハイド(RPMs) / Hasbro Toys(2010)

劇場版2作目「リベンジ」公開時に発売されたミニカーサイズの非変形トランスフォーマー。 ダイキャスト製のボディとコロ走行が可能なプラスチックタイヤという仕様はまさにミニカーのソレであり、ホットウィールやマッチボックスのファ

277 アンドロメダ / Palisades(2002)

No.276のバロンカーザの元ネタが鋼鉄ジーグのマグネモ合金であるならば、こちらのアンドロメダはそれと同規格のパーンサロイドが元ネタとなっている商品。マグネモギミックも健在で人馬形態にも組み換えが可能。

277 アンドロメダ / Palisades(2002)

No.276のバロンカーザの元ネタが鋼鉄ジーグのマグネモ合金であるならば、こちらのアンドロメダはそれと同規格のパーンサロイドが元ネタとなっている商品。マグネモギミックも健在で人馬形態にも組み換えが可能。

276 バロンカーザ / Palisades(2002)

1970年代、関節に磁石を用いた規格のロボット玩具「マグネモ」がタカラ社より発売され人気を博した。同時期にタカラと業務提供をしていた米メゴ社はタカラのミクロマンを「MICRONAUTS(マイクロノーツ)」として海外向けに

276 バロンカーザ / Palisades(2002)

1970年代、関節に磁石を用いた規格のロボット玩具「マグネモ」がタカラ社より発売され人気を博した。同時期にタカラと業務提供をしていた米メゴ社はタカラのミクロマンを「MICRONAUTS(マイクロノーツ)」として海外向けに

275 おひるねゴジラ / Marmit(2005)

マーミット社の別ブランド「ソフビライフ」から発売されたナントモのどかなゴジラソフビ。 昭和の時代にスクリーンで見せた「シェー」(怪獣大戦争/1965年公開)や仲間怪獣達との小競り合い(三大怪獣地球最大の決戦/1964年公

275 おひるねゴジラ / Marmit(2005)

マーミット社の別ブランド「ソフビライフ」から発売されたナントモのどかなゴジラソフビ。 昭和の時代にスクリーンで見せた「シェー」(怪獣大戦争/1965年公開)や仲間怪獣達との小競り合い(三大怪獣地球最大の決戦/1964年公

274 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム / BANDAI(2010)

初代平成ライダーとして今なお人気の高いクウガ(アルティメットフォーム)のフィギュアーツ版。最近の同ブランド製品では省かれていることが多いダイキャスト製の脚部の再現や装着変身版ではオミットされた黒目verの頭部が付属するな

274 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム / BANDAI(2010)

初代平成ライダーとして今なお人気の高いクウガ(アルティメットフォーム)のフィギュアーツ版。最近の同ブランド製品では省かれていることが多いダイキャスト製の脚部の再現や装着変身版ではオミットされた黒目verの頭部が付属するな

273 ブラックアダム(DCUC) / Mattel(2009)

DCコミックスのキャラクターを統一サイズで立体化するシリーズ「DC Universe Classics(通称DCUC)」の第9弾にラインナップされたブラックアダムは、「シャザム!」の掛け声でファンにはおなじみのキャプテン

273 ブラックアダム(DCUC) / Mattel(2009)

DCコミックスのキャラクターを統一サイズで立体化するシリーズ「DC Universe Classics(通称DCUC)」の第9弾にラインナップされたブラックアダムは、「シャザム!」の掛け声でファンにはおなじみのキャプテン

272 ALIEN(特撮リボルテック) / 海洋堂(2010)

海洋堂製アクションフィギュア「リボルテック」から2010年に派生した「特撮リボルテック」は、特撮作品に登場するキャラクターに特化して立体化を行うシリーズとして企画された新ブランド。その第一弾に選ばれたのが写真のエイリアン

272 ALIEN(特撮リボルテック) / 海洋堂(2010)

海洋堂製アクションフィギュア「リボルテック」から2010年に派生した「特撮リボルテック」は、特撮作品に登場するキャラクターに特化して立体化を行うシリーズとして企画された新ブランド。その第一弾に選ばれたのが写真のエイリアン

271 エイリアン(Kubrick) / MedicomToy(2003)

kubrickブランド初のエイリアン。クローズドボックス形式の全6種(含シークレット)が2003年に登場して以降、DVD-BOXの特典や米コミコンでの会場限定、拡大サイズの400%バージョンなど様々なバリエーションの製品

271 エイリアン(Kubrick) / MedicomToy(2003)

kubrickブランド初のエイリアン。クローズドボックス形式の全6種(含シークレット)が2003年に登場して以降、DVD-BOXの特典や米コミコンでの会場限定、拡大サイズの400%バージョンなど様々なバリエーションの製品

270 ズワァース(デフォルメ倶楽部) / ユタカ(2000)

窓付き箱のスタイルでいわゆるフックトイなどと一緒に売られている事が多いソフビ製指人形のセットパック「デフォルメ倶楽部」からの一体。1986年に放映された番組のキャラクターながら本ソフビの発売は2000年。おそらくゲーム「

270 ズワァース(デフォルメ倶楽部) / ユタカ(2000)

窓付き箱のスタイルでいわゆるフックトイなどと一緒に売られている事が多いソフビ製指人形のセットパック「デフォルメ倶楽部」からの一体。1986年に放映された番組のキャラクターながら本ソフビの発売は2000年。おそらくゲーム「

269 ザ・グレート・サスケ / みちのくプロレス(1998?)

みちのくプロレスから正式に販売されていたグレートサスケのミニソフビ。正式名称は「1/15 SCALE THE GREAT SASUKE」。国内プロレスフィギュアのスタンダードともいえるキャラプロ/モグラハウスの製品よりも

269 ザ・グレート・サスケ / みちのくプロレス(1998?)

みちのくプロレスから正式に販売されていたグレートサスケのミニソフビ。正式名称は「1/15 SCALE THE GREAT SASUKE」。国内プロレスフィギュアのスタンダードともいえるキャラプロ/モグラハウスの製品よりも

268 ロビンマスク ブラックver / CCP(2011)

CCP社の人気コンテンツ・キン肉マンソフビ「マスキュラーコレクション」の廉価版。安価供給を目的として規格され、コスト高の要因となっている「塗装」が一切施されていないのが特長。写真の黒以外にも肌色や赤、青、黄などといったナ

268 ロビンマスク ブラックver / CCP(2011)

CCP社の人気コンテンツ・キン肉マンソフビ「マスキュラーコレクション」の廉価版。安価供給を目的として規格され、コスト高の要因となっている「塗装」が一切施されていないのが特長。写真の黒以外にも肌色や赤、青、黄などといったナ

267 ゼクロム キラバージョン / タカラトミーアーツ(2010)

ポケモンBWのガシャポン商品「ポケモン根付マスコットBW」の限定版。子供向け情報誌「ポケモンファン」の第15号に同キラバージョンのレシラムと共に同梱されていた。 ”キラ”と表現されてはいるものの実物はスモーククリア。レシ

267 ゼクロム キラバージョン / タカラトミーアーツ(2010)

ポケモンBWのガシャポン商品「ポケモン根付マスコットBW」の限定版。子供向け情報誌「ポケモンファン」の第15号に同キラバージョンのレシラムと共に同梱されていた。 ”キラ”と表現されてはいるものの実物はスモーククリア。レシ

266 DG ウルトラマンベリアル / BANDAI(2009)

2009年夏、ガシャポンの新ブランド「DG(デジタルグレード)」がバンダイから発表された。それまで工員の手作業で行っていた彩色を全てデジタル処理に置き換えることにより、絶妙なグラデーション表現や米粒サイズへの彩色といった

266 DG ウルトラマンベリアル / BANDAI(2009)

2009年夏、ガシャポンの新ブランド「DG(デジタルグレード)」がバンダイから発表された。それまで工員の手作業で行っていた彩色を全てデジタル処理に置き換えることにより、絶妙なグラデーション表現や米粒サイズへの彩色といった

265 グドン(ウルトラ怪獣大決戦) / 不二家(1989)

ペコちゃんでおなじみの不二家が1989年から2002年までの間に展開していた食玩「ウルトラ怪獣大決戦」のオマケ品。怪獣消しゴムファンの間では通称「不二家版」と呼ばれるこれは人気の面ではポピーや丸越の元祖怪獣消しゴムに大き

265 グドン(ウルトラ怪獣大決戦) / 不二家(1989)

ペコちゃんでおなじみの不二家が1989年から2002年までの間に展開していた食玩「ウルトラ怪獣大決戦」のオマケ品。怪獣消しゴムファンの間では通称「不二家版」と呼ばれるこれは人気の面ではポピーや丸越の元祖怪獣消しゴムに大き

264 イカルス星人(怪獣消しゴム) / POPY(1980年代前半)

昭和40年代頃に子供達の間で爆発的にヒットした怪獣消しゴムは、ガチャガチャでの販売をメインに紙の台紙に圧着されたブリスター型や玩具店でのBOXセット売り、駄菓子屋の引き当て式くじなど様々な形式で商品展開された。 基本的な

264 イカルス星人(怪獣消しゴム) / POPY(1980年代前半)

昭和40年代頃に子供達の間で爆発的にヒットした怪獣消しゴムは、ガチャガチャでの販売をメインに紙の台紙に圧着されたブリスター型や玩具店でのBOXセット売り、駄菓子屋の引き当て式くじなど様々な形式で商品展開された。 基本的な

263 Serpent Armor / hasbro(2009)

実写版G.I.ジョー「G.I. Joe:The Rise of Cobra」(2009)公開時に米ターゲットストア限定商品として発売されたコブラ軍専用のスーパーアーマー。(※映画には未登場) 2009年に発売された新商品

263 Serpent Armor / hasbro(2009)

実写版G.I.ジョー「G.I. Joe:The Rise of Cobra」(2009)公開時に米ターゲットストア限定商品として発売されたコブラ軍専用のスーパーアーマー。(※映画には未登場) 2009年に発売された新商品

262 ロビタ / リンデン(2010)

いわゆる「オリジナルソフビ」を製作しているメーカーの中でもアート方面に造詣が深いメーカーとして知られているリンデン謹製のロビタソフビ。 火の鳥(手塚治虫)に登場するメイドロボという通好みのキャラなせいか立体化の機会はこれ

262 ロビタ / リンデン(2010)

いわゆる「オリジナルソフビ」を製作しているメーカーの中でもアート方面に造詣が深いメーカーとして知られているリンデン謹製のロビタソフビ。 火の鳥(手塚治虫)に登場するメイドロボという通好みのキャラなせいか立体化の機会はこれ

261 ワンダービークル ブラック / Mcdonalds(2009)

ヤッターマンのリメイク版(2008~09年放映)に合わせてマクドナルドで展開されたハッピーセット「ワンダービークル」の景品のひとつ。「子供の憧れる職業を模した車」と「ヤッターマン」という唐突感が否めないコラボだが、個々の

261 ワンダービークル ブラック / Mcdonalds(2009)

ヤッターマンのリメイク版(2008~09年放映)に合わせてマクドナルドで展開されたハッピーセット「ワンダービークル」の景品のひとつ。「子供の憧れる職業を模した車」と「ヤッターマン」という唐突感が否めないコラボだが、個々の

260 ブラックドラゴン / SQUARE ENIX(2011)

スクエニ版コンビニくじ「ドラゴンクエスト ふくびき所スペシャル2」の景品としてリリースされたソフビ製のブラックドラゴン。(当選確立は1/50) ドラクエに登場するモンスター(鳥山明絵)を忠実にソフビ化した人気のシリーズ「

260 ブラックドラゴン / SQUARE ENIX(2011)

スクエニ版コンビニくじ「ドラゴンクエスト ふくびき所スペシャル2」の景品としてリリースされたソフビ製のブラックドラゴン。(当選確立は1/50) ドラクエに登場するモンスター(鳥山明絵)を忠実にソフビ化した人気のシリーズ「

259 ティガダーク(ULTRA-ACT) / BANDAI(2010)

これまで幾度となく失敗してきたウルトラマンの「造形と可動の両立」を実現させたのが2010年に魂ブランドの新コンテンツとして登場した「ULTRA-ACT」。 過去の不名誉な実績が強いせいかスタートダッシュこそ微妙(懐疑的だ

259 ティガダーク(ULTRA-ACT) / BANDAI(2010)

これまで幾度となく失敗してきたウルトラマンの「造形と可動の両立」を実現させたのが2010年に魂ブランドの新コンテンツとして登場した「ULTRA-ACT」。 過去の不名誉な実績が強いせいかスタートダッシュこそ微妙(懐疑的だ

258 ウシバケる(もじバケる) / BANDAI(2010)

「動物」とそれを表す「漢字」を「変形」で再現するという今までありそうでなかったユニークな商品が「超変換!!もじバケる」。僅か100円という価格設定も話題を呼び、食玩界では久々のスマッシュヒット商品となった。 超変換!!も

258 ウシバケる(もじバケる) / BANDAI(2010)

「動物」とそれを表す「漢字」を「変形」で再現するという今までありそうでなかったユニークな商品が「超変換!!もじバケる」。僅か100円という価格設定も話題を呼び、食玩界では久々のスマッシュヒット商品となった。 超変換!!も

257 徳川家康頑駄無 漆黒の鎧版 / BANDAI(2010)

全長18mの実物大ガンダムが初公開された事で話題を呼んだ2010年度の静岡ホビーフェア限定商品のひとつ。徳川家康が関ヶ原の戦いで着用されていたとされる甲冑姿(大黒頭巾兜と伊予札黒糸威胴丸具足)をイメージした成型色になって

257 徳川家康頑駄無 漆黒の鎧版 / BANDAI(2010)

全長18mの実物大ガンダムが初公開された事で話題を呼んだ2010年度の静岡ホビーフェア限定商品のひとつ。徳川家康が関ヶ原の戦いで着用されていたとされる甲冑姿(大黒頭巾兜と伊予札黒糸威胴丸具足)をイメージした成型色になって

256 VENOM / TAKARATOMY A.R.T.S(2007)

タカラトミーアーツ社(旧Yujin)製オシャレ系ガシャポン「タイムカプセル」シリーズのMARVELコラボ商品。劇場版「スパイダーマン3」の公開に合わせて全7種(内シークレット1種)がリリースされた。 フィギュアのデザイン

256 VENOM / TAKARATOMY A.R.T.S(2007)

タカラトミーアーツ社(旧Yujin)製オシャレ系ガシャポン「タイムカプセル」シリーズのMARVELコラボ商品。劇場版「スパイダーマン3」の公開に合わせて全7種(内シークレット1種)がリリースされた。 フィギュアのデザイン

255 ダース・ベイダー/デス・スター / Hasbro Toys(2004)

スター・ウォーズとトランスフォーマーのコラボレーション商品。ダース・ベイダー=デス・スター間の変形の他にも、サウンド&ライトギミックの搭載や付属のミニフィギュア(ベイダー、トルーパー、TIEファイター)を使ったい

255 ダース・ベイダー/デス・スター / Hasbro Toys(2004)

スター・ウォーズとトランスフォーマーのコラボレーション商品。ダース・ベイダー=デス・スター間の変形の他にも、サウンド&ライトギミックの搭載や付属のミニフィギュア(ベイダー、トルーパー、TIEファイター)を使ったい

254 バインド・デスティニーガンダム / BANDAI(2009)

俗に言う「ガシャポン」とはフル彩色されたカプセルトイの事を指すのが定説だが、原材料の価格上昇の影響で現状のコストのままでは従来通りのクオリティの商品を発売するのは難しくなってきているのだそうな。 そんな問題に一石を投じた

254 バインド・デスティニーガンダム / BANDAI(2009)

俗に言う「ガシャポン」とはフル彩色されたカプセルトイの事を指すのが定説だが、原材料の価格上昇の影響で現状のコストのままでは従来通りのクオリティの商品を発売するのは難しくなってきているのだそうな。 そんな問題に一石を投じた

253 バグドローン / TAKARA(2005)

コンビニや家電量販店などで販売されたブラインドボックス方式の小型トランスフォーマー「マイクロンブースター」からの1体。このシリーズのキャラクターには個々の設定は存在しないものの、その名前から察するにこのバグドローンはユニ

253 バグドローン / TAKARA(2005)

コンビニや家電量販店などで販売されたブラインドボックス方式の小型トランスフォーマー「マイクロンブースター」からの1体。このシリーズのキャラクターには個々の設定は存在しないものの、その名前から察するにこのバグドローンはユニ

252 ネガタロス / BANDAI(2008)

ライダーと怪人のミニソフビを1つのセットにした食玩「プレイヒーローVS」シリーズに仮面ライダー電王の劇場版に登場した悪のイマジン・ネガタロスがラインナップ。 ソフビという性質上、エッジは緩く微妙な造形ではあるものの純粋な

252 ネガタロス / BANDAI(2008)

ライダーと怪人のミニソフビを1つのセットにした食玩「プレイヒーローVS」シリーズに仮面ライダー電王の劇場版に登場した悪のイマジン・ネガタロスがラインナップ。 ソフビという性質上、エッジは緩く微妙な造形ではあるものの純粋な

251 ミクロマン S.A.S-03 / TAKARA(2001)

今は無きトイ系イベント「ワールドキャラクターコンベンション(WCC)」の会場で限定発売されたフードマン(ミクロマン)のブラックバージョン。ガンメタ×黒メッキのボディにクリアブラックのフード、ケースもスモーク仕様という「黒

251 ミクロマン S.A.S-03 / TAKARA(2001)

今は無きトイ系イベント「ワールドキャラクターコンベンション(WCC)」の会場で限定発売されたフードマン(ミクロマン)のブラックバージョン。ガンメタ×黒メッキのボディにクリアブラックのフード、ケースもスモーク仕様という「黒