348 Robocop 3.0 / Jada Toys(2014)

Robocop3.0
世界中に今もなお根強いファンを持つSF近未来映画「ロボコップ」(1987)が2014年に完全リメイク。最も注目が集まったロボコップの新たなデザインはファッションモデルのようなスリムな体型に全身が漆黒というスタイリッシュなものに変更され、オリジナルのマッチョで無骨なイメージから大きくかけ離れたその姿に世界中が唖然とした。
玩具化の権利はJada Toysが獲得。普段はRCカーを中心に展開している会社に白羽の矢が当たった事がそもそもの疑問ではあるが、案の定、既存のフィギュアに比べて造形も可動も大きく劣る残念な仕上がりの玩具が開発されてしまった。また運が悪いことに、映画公開よりずっと早い段階でその玩具が日本に輸入され、ロボコップの新デザインを見てショックを受けたファンが他に光明を見出そうとしているさ中に傷口に塩を塗るような形になってしまった。
映画の内容そのものの出来は決して悪くはなかったが、上記のようなマイナス要素がタイミング悪く重なる事で新生ロボコップの評価を大きく落としてしまった感は否めない。